東京で優良物件を購入できる
驚異の不動産投資法

2010年05月15日

大手不動産5社、3社が最終減益

大手不動産5社、3社が最終減益

大手不動産5社、3社が最終減益 オフィス空室率、悪化続く


不動産大手5社の2010年3月期の連結決算が、12日出そろった。不動産市況の低迷に伴う評価損などが膨らみ、三井不動産、三菱地所、野村不動産ホールディングスの3社が最終減益を余儀なくされた。11年3月期は三井不動産を除く4社が最終増益を見込むが、景気低迷でオフィス空室率の上昇傾向が続くなど、業績の先行きは不透明だ。

 各社の収益を押し下げたのが不動産市況の低迷だ。取得時から価値が目減りした資産については、減損処理を迫られた。三井不動産は首都圏の一部オフィスビルなど固定資産の減損処理で189億円の特別損失を計上。三菱地所も都内に保有する固定資産の減損処理などで特別損失888億円を計上した。

 また、各社は都内を中心にオフィスビルを展開しているが、景気低迷を受け空室率が上昇したり賃料が低下し、収益を圧迫している。10年3月末の三井不動産のオフィス空室率(首都圏)は3.9%と前期末に比べて1.4ポイント上昇。同じく三菱地所の空室率(東京・丸の内)は2.42%と1.33ポイント上昇した。企業の業績は回復しつつあるが、慎重な経営姿勢を崩しておらず、「(オフィスの)新規需要は強くない」(三菱地所の柳沢裕取締役)状況だ。

 明るい兆しは、都心部を中心にマンション販売が上向いていることだ。住友不動産は都心部のタワーマンションが好調で、契約戸数が前期比5割増の4918戸に増加した。住宅ローン減税や金利の引き下げ、贈与税の非課税枠拡大といった制度が追い風となり、「購買意欲が高まっている」(住友不動産の竹村信昭取締役)という。

 11年3月期の不動産市況は「改善の傾向がみられる」(三井不動産の蔵本誠三常務)として、各社が市況低迷に歯止めがかかるとみている。ただ、オフィス仲介の三鬼商事によれば4月末の都心5区(千代田、中央、港、新宿、渋谷)のオフィス空室率は8.82%と前月比で0.07ポイント上昇、過去最高を更新した。今後も同社は「経済状況が厳しい中で、空室率は当面改善しない」としている。各社はオフィス賃貸を主力事業と位置付けているだけに、業績回復に向け予断を許さない状況だ。
posted by 勝ち組大家 at 07:46| 不動産情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。